本文の先頭へ
LNJ Logo 日本科学史学会講演会「動物園と科学の関係―黎明期のロンドン動物園を題材として」「御茶ノ水」駅
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1540360367300yl...
Status: published
View


2019/02/23 日本科学史学会講演会「動物園と科学の関係―黎明期のロンドン動物園を題材として」「御茶ノ水」駅

日本科学史学会では、一般の方を対象とした公開講演会「科学史学校」を開講しています。
聴講料は無料です。
時間:14時〜16時
事前申し込み不要・参加費無料・自由参加。

2019年2月23日(土)
講師:伊東 剛史 会員 (東京外国語大学)
演題:「動物園と科学の関係―黎明期のロンドン動物園を題材として」
会場:日本大学理工学部駿河台校舎1号館7階171教室(JR御茶ノ水駅より徒歩3分)

1828年開園のロンドン動物園は、世界初の科学的な動物園と紹介されることがあるが、実際には動物園が科学の発展に果たす役割は、当時のイギリス社会ではそれほど明確ではなかった。むしろ、科学的な知識や実践が大衆消費社会に組み込まれるようになったため、娯楽を提供する動物園は果たして科学的な施設なのかが問われた。本講演では、ロンドン動物園に関するさまざまな史料を用いながら、動物園と科学との関係を歴史的な視点から考える。

アクセス(交通案内)

<東京>日本大学理工学部駿河台校舎
JR中央・総武線「御茶ノ水」駅 下車徒歩3分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 下車徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅 下車徒歩5分
お問い合わせ先
日本科学史学会 普及委員会

e-mail : fukyu
(後ろに@historyofscience.jpを追加してください)

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について