本文の先頭へ
LNJ Logo 東京ドキュメンタリー映画祭(12/1〜12/14、新宿・K's cinema)12/13:「国境を越える「ドッグ・ノマズ」短篇選」『うつろいの木』
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1539598252954ma...
Status: published
View


2018/12/13 東京ドキュメンタリー映画祭(12/1〜12/14、新宿・K's cinema)12/13:「国境を越える「ドッグ・ノマズ」短篇選」『うつろいの木』

案内→http://tdff-neoneo.com/

東京ドキュメンタリー映画祭(TDFF)とは
 今、ドキュメンタリー映画のつくり手と観客は、ブームといえるほど増えています。
 日本国内では、映像表現を教える大学や専門学校は増加傾向にあり、1年間に劇場公開されるドキュメンタリー映画は100本を超えるといわれています。
 またYouTubeをはじめ、ネットの世界でも若い作り手を中心にドキュメンタリーの動画配信および製作は活況を呈しています。
 しかしドキュメンタリー作品を上映し、作家や作品が評価される場は絶対的に不足しています。
 テレビの優れたドキュメンタリー番組もローカルや衛星放送で数回放送されるのみ、というケースが少なくありません。
 本映画祭は、映画・テレビ・ネット動画の垣根をこえて、国内で撮られたドキュメンタリー作品が一堂に会する場を創出します。
 魅力的な作品に出会い、監督たちと対話し、次の年はひとり一人の市民がつくり手として、この映画祭にもどってきて下さることを期待しております!
 金子遊(「東京ドキュメンタリー映画祭」プログラム・ディレクター)

開催概要
 1回目となる2018年は、12月に新宿の映画館「K's cinema」で2週間にわたり、ドキュメンタリー作品数十本を上映します。
 公募された長編・短編コンペティションの入選作品のほか、特集上映やイベント企画も予定しております。
【日程】2018年12月1日(土)〜12月14日(金)
【場所】新宿 K's cinema
【形態】1日2回上映、計28プログラム
 「長編コンペティション部門」10プログラム
 「短篇コンペンティション部門」9プログラム
 「招待作品・プログラム」3プログラム
 「特別作品・プログラム」6プログラム

主 催:neoneo編集室 〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨4-15-8-506
連絡先:メール tdff.neoneo@gmail.com

---------------------------------------------------------------
上映スケジュール
12月13日(木)
 10:00〜 特別5 国境を越える「ドッグ・ノマズ」短篇選
      ・『月と太陽と銃兵』
      ・『パルス』
      ・『ウィズ・オール・アワ・カメラズ』
 上映後トーク:安岡卓治(日本映画大学教授)
        藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)
 19:00〜 長編9『うつろいの木』
12月14日(金)
    9:45〜 特別6「野田眞吉特集」
         ・『この雪の下に』
         ・『マリン・スノー−石油の起源−』
         ・『ふたりの長距離ランナーの孤独』
         ・『冬の夜の神々の宴−遠山の霜月祭』
 19:00〜 長編10 『断層紀』
 上映後各賞授賞式

-----------------------------------------------------
上映会場:新宿ケイズシネマ(K's cinema)
     〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目35-13 3F
     TEL:03-3352-2471
     JR新宿駅 東南口 徒歩3分/東口 徒歩5分
     アクセス→http://www.ks-cinema.com/access/

-----------------------------------------------------
チケット:
【前売】1,300円 3回券=3,300円(複数人使用可・期間中も販売)
【当日】一般=1,500円均一 シニア=1,000円
●各回定員入れ替え制
●上映開始後のご入場は、お断りさせて頂く場合がございます
●3回券やフリーパスをお持ちでも、満席の場合は入場を お断りさせて頂く場合がございます
●作品により画像、音声が必ずしも良好でない場合がございます。あらかじめご了承下さい。
----------------------------------------------------------------

上映作品紹介

長編9『うつろいの木』 12月13日(木)19:00 上映
 監督:岡本 和樹(おかもと・かずき) 2015年/90分/カラー/日本

 埼玉県川口市で行われた映画創作ワークショップ。
 一般の市民が公共スペースに集まり、監督や他の参加者とディスカッションを重ねながら、自分たちの手でシナリオを完成させていく。
 年齢も経験も異なる参加者には、人の数だけ物語への解釈があり、ときには言い争う場面もドキュメンタリー部は記録する。
 一方、フィクション部はそれぞれ高齢者、中年、若者の三組の男女を中心にした愛と生活をめぐるドラマである。
 どこまでがフィクションで、どこまでがドキュメントなのか。
 映画は虚実の皮膜を何層も重ねながら、演じることとは何かを問いつづける。

-----------------------------------------------------
長編10『断層紀』 12月14日(金) 19:00 上映
 監督:波田野州平(はたの・しゅうへい) 2018年/75分/カラー・モノクロ/日本

 2013年の夏、秋田県大館市に3ヶ月滞在して映画を制作する機会を得た。
 毎日地域の人たちから話を聞き、民俗資料館に通い、大館の歴史を学んでいった。
 ある日訪れた中学校で15歳の少女に出会った。
 彼女は映画に興味があると声をかけてくれた。
 私は彼女に小さなカメラを渡し、映像日記をつけて欲しいとお願いした。
 そして彼女と共同制作することを決めた。
 もう一つ大きな出会いがあった。
 それは古いものでは70年前に撮影された大量の8ミリフィルムだった。
 大館に住んでいた方の遺品で、個人の記録フィルムだった。
 私はこのフィルムを祖父が残したフィルムと読み替えて、映画の中に登場させることにした。
 他にもたくさんの出会いがあった。
 神明社のお祭りや、大館に人生を埋めた古老。
 大館で出会った全ての人との共同作業により、この紀行エッセイ映画「断層紀」は作られた。

---------------------------------------------------------
特別5「国境を越える「ドック・ノマズ」短編集」
12月13日(木)10:00 上映
上映後トークあり ゲスト:藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)
             安岡卓治(日本映画大学教授)

・『月と太陽と銃兵』
 監督:ヴァハグン・ハチャトリヤン(Vahagn Khachatryan)
 2017年/20分/カラー/アルメニア・ポルトガル

 のどかなスペイン国境の田舎町で、夜のとばりと共に人々の精神世界が開く。
 ヴィジョン・デュ・レールほかで上映。

・『パルス』
 監督:ロビン・ベトレ 2015年/26分/カラー/ハンガリー

 シカ放牧場を舞台に、人間と動物・自然の関係を見つめる。
 鮮烈な映像と音響デザイン。
 DOKライプチヒ銀鳩賞ほか。

・『ウィズ・オール・アワ・カメラズ』
 監督:ミゲル・ロペス・ベラーザ(Miguel Lopez Beraza)
 2016年/26分/カラー&モノクロ/スペイン・ハンガリー

 異国人が8ミリや写真やテープレコーダーを使ってハンガリー人カメラ商の肖像を描く。
 ロッテルダム国際映画祭ほか。

---------------------------------------------
特別6「没後25年 映像作家・野田眞吉特集」
12月14日(金)9:45 上映
上映後トークあり ゲスト:関係者来場予定(進行:neoneo編集室 高瀬郁人)

・『この雪の下に』
 監督:野田眞吉 1956年/33分/カラー/日本

 山形県西川町大井沢を舞台に、農山村に生きる人々の冬の厳しい生活の諸断面を捉えた作品。
 雪の下でさまざまな工夫と努力を重ねて生活する姿を記録した。

・『マリン・スノー−石油の起源−』
 監督:野田眞吉・大沼鉄郎 1960年/25分/カラー/日本

 石油生成の起源をテーマにした自然科学の解説映画が構想されていたが、そこに生と死にあやどられた生きもののかぎりないドラマを見出した野田は、一篇の叙事詩的映画に構成した。

・『ふたりの長距離ランナーの孤独』
 監督:野田眞吉 1966年/9分/白黒/日本

 先頭を力走するアベベが眼前に来たその瞬間、観衆の中から中年の男が飛び出し、アベベと10秒ほど並走したあと、警察に取り押さえられた。
 奇跡的に撮影された東京オリンピックマラソン競技中のハプニング映像を活用した実験的映画。

・『冬の夜の神々の宴−遠山の霜月祭』
 監督:野田眞吉 1970年/37分/白黒/日本

 民俗神事芸能三部作の一作目。
 長野県下伊那郡上村下栗部落に伝承されている「霜月まつり」の記録。
 冒頭に簡単な紹介があるのみで解説は一切ない。
 日本におけるダイレクト・シネマの先駆的な試みともいえる。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について