本文の先頭へ
LNJ Logo 追悼と抗議「第54回東京電力本店合同抗議」「日本原電本社抗議」
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1516357783187st...
Status: published
View


2018/03/11 追悼と抗議「第54回東京電力本店合同抗議」「日本原電本社抗議」

 2011年3月11日の東京電力福島原発事故発生以来、丸7年が経過する。
 しかし、原発事故被害者の補償・賠償は値切られ続け、放射能汚染水は漏れ続けている。
 事故収束の見通しは立たず、約7000人の作業員が被ばくしながら現場を支え続けている。
 子どもの甲状腺ガンが190名を超えた。

 更に、福島県や政府は、自主避難者に対する住宅の提供を、昨年の3月未で打ち切るとの冷酷な決定をした。
 本来、事故を起こした東京電力は事故被害者の住宅確保や生活再建のための大きな責任があるにも拘わらず、被害者の支援をなおざりにして、柏崎刈羽原発再稼働に動き出した。

 一方、国民の半数以上が原発再稼働に反対している中、川内原発、伊方原発、高浜原発が再稼働した。
 これは、東電が事故発生の責任企業でありながら、責任を取らなくても許されているからです。
 電力消費地の私たちは、東電の責任を明確にし、その責任を取らせなければなりません。

 全国各地の電力会社への抗議行動に連帯して、東電への抗議行動を強めよう。
 私たちは、「福島」をどこまでも忘れないし、福島原発事故の惨状を許さない。
 諸悪の根源・東電の破たん処理=解体まで、福島と連帯して闘い続けましょう。

福島第一原発事故から7年
 |東京電力は福島第一原発事故の責任をとれ!
 |柏崎刈羽原発再稼働するな!汚染水止めろ!
 |3/11(日)追悼と抗議「第54回東京電力本店合同抗議」
 └────呼びかけ:経産省前テントひろば、たんぽぽ舎
終了後15時半ごろ、御茶ノ水の日本原電本社にも向かいます。


発言者(依頼中)
◎福島から…鴨下祐也(福島原発被害東京訴訟・原告団長)、ほか
◎落合恵子(作家)、鎌田 慧(ルポライター)、
 木村 結(東電株主代表訴訟)、山本太郎(参議院議員)、
 参加者(あなた!)
音楽…日本音楽協議会、豊岡マッシー、和太鼓、ほか

日 時:3月11日(日)13:30〜15:00
場 所:東京電力本店前(東京都千代田区内幸町)
呼びかけ:経産省前テントひろば(TEL 070-6473-1947)
     たんぽぽ舎(TEL 03-3238-9035)
賛 同:東電株主代表訴訟など128団体

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について