本文の先頭へ
LNJ Logo 沖縄に連帯するつどい/辺野古新基地建設と先島諸島への自衛隊配備/その狙いと危険性 半田滋さん :大森駅
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1505361074277st...
Status: published
View


2017/10/01 沖縄に連帯するつどい/辺野古新基地建設と先島諸島への自衛隊配備/その狙いと危険性 半田滋さん :大森駅

沖縄の辺野古・高江に基地はいらない!南西諸島への自衛隊配備反対!
軍事力ではなく話し合いで、平和な世界を作ろう!

 トランプ米大統領の先制攻撃発言、日米韓による軍事演習、韓国のTHAADミサイル配備、日本ではPAC3の配備に加え、イージス・アショアなるミサイル迎撃システムの予算化など、北朝鮮のミサイル発射を口実とした軍事的緊張を高める動きは止まるところを知りません。
 とりわけ安倍政権は、北朝鮮の脅威に加え、中国の海洋進出への対抗策として、南西諸島への自衛隊の配備やオスプレイの全国展開など、軍事力の強化に邁進し、沖縄では新基地建設を強行、来年度の防衛予算は5兆2千億円を超え、過去最高になろうとしています。

 このような戦争国家づくりに対し、私たちZENKOは日本、沖縄、韓国をつないで闘う市民の立場から、戦争ではなく対話による平和を実現させていく取り組みを行っています。
 改憲が現実の日程に上がろうとしている今こそ、私たちが立ち上がらなければなりません。
沖縄の現状をどうとらえ、行動していくのが、東京新聞論説委員の半田滋さんを迎え、ともに考えていこうと、「沖縄に連帯するつどい」を企画しました。
ぜひご参加ください。

沖縄に連帯するつどい
日 時:10月1日(日)13時半開場 14時開会
会 場:入新井集会室
    大田区大森北1-10-14
    JR「大森駅」東口から徒歩5分 Luz大森 4階
    地図→http://www.solar-eclipse.jp/annai.pdf
プログラム
○オープニング
○基調報告
○講演 半田滋さん(東京新聞論説・編集委員、法政大学兼任講師、獨協大学講師(非常勤))
「辺野古新基地建設と先島諸島への自衛隊配備−その狙いと危険性」
○質疑応答
(休憩)
○交流・沖縄現地ツアー報告・10/29団結まつりアピール・改憲反対署名の提案など
参加費:前売りチケット800円(当日1000円)
主 催:ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)南部
連絡先:090-2737-3069(佐々木)
共 催:ジュゴン保護キャンペーンセンター
後 援:平和・環境・人権しながわ、首都圏なかまユニオン南部支部

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について