本文の先頭へ
LNJ Logo 防災と国民保護訓練を検証し防災訓練反対運動の今後を展望する討論集会(国分寺
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1505011049129yl...
Status: published
View


2017/10/12 防災と国民保護訓練を検証し防災訓練反対運動の今後を展望する討論集会(国分寺

日時:10月12日(木)午後6:30開場
            午後6:45開始
場所:国分寺労政会館
(JR中央線「国分寺駅」南口徒歩5分)
資料代 ¥500


■今年の東京都総合防災訓練は、調布市にて実施されます。ビッグレスキュー2000のときには前面に出ていた自衛隊の後景化が著しくなっています。今年はなんと70人ほどしか参加しません(予定)。これは何を意味するのか。
■また、ミサイル避難訓練、すなわち国民保護訓練=戦争・軍事訓練と、既存の防災訓練との今後の関係の変化についても要注目です。すでに防災訓練の一部にミサイル訓練が組み込まれた形での訓練が数箇所で実施されています。あたかもミサイルが自然災害のように扱われているのです。これらの変化を踏まえ、私たちはどう抗していけばいいのか。ともに考える討論集会に、ご参加ください!

主催
■米軍・自衛隊参加の東京都・調布市総合防災訓練に反対する実行委員会2017
連絡先
■立川自衛隊監視テント村(気付)
立川市富士見町2‐12‐10‐504 TEL042‐525‐9036
メールアドレス■ tento72@yahoo.co.jp


このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について