本文の先頭へ
LNJ Logo 大飯原発3、4号機の再稼働に反対の表明を!裁判所前行動デモあり・金沢
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1504569425998st...
Status: published
View


2017/10/20 大飯原発3、4号機の再稼働に反対の表明を!裁判所前行動デモあり・金沢

大飯原発3、4号機の再稼働に反対の表明を!
・おおい町議会が再稼働の同意判断を行う見通し(9月8日)
・樋口判決を守ろう・・・控訴審での主張を解説(基準地震動の過小評価他)
・反対の署名を集めています。
・裁判所前行動に参加しよう・・・9月20日、10月20日、
               11月20日第13回口頭弁論
  ━━
〇大飯原発の動向は、いつも“その時”を顕在化させて来ました。
 2012年6月、20万人と言われる人たちが官邸前を埋め尽くし、「再稼働
反対」を訴えました。その声は大飯原発の再稼働阻止の行動へとつながり、
翌6月30日雨の中、大飯原発へ向かう道路に人々が立ち塞がりました。
 2014年5月21日、福井地裁で福島第一原発の事故後、初めての原告勝訴
の判決が出ました。樋口裁判長による人格権の崇高さを訴える判決文は、
私たちに勇気と確信を与えてくれました。

〇しかし今、川内、伊方、高浜、(玄海)と続く原発再稼働の動きが加速
しようとしています。大飯原発については、樋口判決をなかったかのよう
に進められ、近く「9月8日、おおい町議会・原子力発電対策特別委員会
で再稼働への同意判断を行う見通し」と報じられています。
  (9月2日付けメールマガジンに木原壯林氏の詳報あり)

〇そんな中、樋口判決の控訴審を続けていた名古屋高裁金沢支部では、裁
判所が早々に審理を打ち切ろうとしています。今こそ、樋口判決を訴える
時です。

・福井から原発を止める裁判の会では、

(1)控訴審での主張を解説するビデオをアップしました。必見です。

 基準地震動に懐疑的な島崎邦彦氏(東京大学名誉教授、元原子力規制委
員会/委員)を証人として行われた今年4月の口頭弁論で、同氏は「想定
より大きな地震が起こる可能性がある」と指摘しました。
「福島事故の反省はどこへ 崖っぷちの関電を救済する名古屋高裁金沢支部」  
(13分)    https://youtu.be/fgDDOBK0R4U
  ダイジェスト版(6分)  https://youtu.be/md7D5xWjbfw

(2)署名を集めています。
  大飯原発3、4号機の運転差止め判決を、名古屋高裁金沢支部は引き継
 いでください!
      https://goo.gl/wiK34u

(3)裁判所前行動を下記日程で行います。

 場  所:名古屋高等裁判所金沢支部
 次回日程:9月20日(水)午後2時30分〜3時30分
 ・10月20日(金)午後2時30分〜3時30分 (デモ実施)

 ※11月20日(月)第13回口頭弁論 午後1時30分抽選、午後2時開廷
   バス:敦賀発11:00、JR福井駅東口発12:00、金沢着13:30
   バス連絡先 敦賀:090−1896−8882(東山)、
         福井:090−8265−2691(奥出)
尚、詳細は「福井から原発を止める裁判の会」HP参照
http://adieunpp.com/


このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について