本文の先頭へ
LNJ Logo 第87回 VIDEO ACT! 上映会〜歴史と環境問題から考える米軍新基地問題(東京・飯田橋)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1504247524483st...
Status: published
View


2017/10/12 第87回 VIDEO ACT! 上映会〜歴史と環境問題から考える米軍新基地問題(東京・飯田橋)

==============================
■ 第87回 VIDEO ACT! 上映会 〜歴史と環境問題から考える米軍新基地問題〜
『美ら海を未来へ 〜辺野古・高江、新基地建設反対によせる思い〜』
2017年/71分/監督・撮影・編集:中井信介
http://www.videoact.jp
http://videoact.seesaa.net/
==============================
■2017年10月12日(木)19時より

沖縄の辺野古や高江で、工事車両の進入路に座り込み、
命がけで新基地建設を止めようとする人々。その背景には、
貴重な自然を守りたいという思いや、多くの命が奪われた
戦争の記憶など、様々な思いが重なり合っています。
歴史と環境問題からの視点を主軸に描く
『美ら海を未来へ 〜辺野古・高江、新基地建設反対によせる思い〜』を上映する。

■上映作品
『美ら海を未来へ 〜辺野古・高江、新基地建設反対によせる思い〜』
2017年/71分
監督: 中井信介
撮影・編集: 中井信介
企画・監修: 柳井真結子 満田夏花 堀田千栄子
共同制作: 国際環境NGO FoE Japan 手わたしプレス
主題歌: きむきがん「悩み鳥」
映像提供: 宮城秋乃
協力:「美ら海を未来へ」上映実行委員会
https://henokotake.jimdo.com/

予告編:『美ら海を未来へ 〜辺野古・高江、新基地建設反対によせる思い〜』
https://youtu.be/OeRsXzJwG7I

■解説
沖縄の辺野古や高江で工事車両の前に立ちふさがり、命がけで新基地建設を止めようとする人々。
彼らは、なぜそこ まで体を張って工事を止めようとするのでしょうか? その背景には、かけがえのない
貴重な自然を守りたいという思いや 沖縄が抱える壮絶な戦争の歴史、そして屈辱的なアメリカ 占領
時代の記憶に至るまでの様々な思いが重なり合ってい ます。

私たちは、米軍の新基地建設に反対する人々の思 いを伝えるために、各方面の人々の声に耳を傾
けてきました。 その中には、新基地建設によって貴重な自然が破壊されよ うとしている辺野古の海
や高江の森がありました。そして、 辺野古の埋め立てに故郷の土が使われるかもしれないと 知った
香川県の小豆島でも反対の声が上がっていました。 それらの現場で反対の声を上げる人々には「か
けがえのな い美しい自然と戦争のない平和な世の中を次世代の子ども たちに残したい」という共通
の思いがあります。

そして先の戦争で 83 名が集団自決した読谷村のチビチ リガマやアメリカ占領時代に島の半分以上
の土地が奪われ ながら非暴力で闘った伊江島。そこで聞いたのは「軍隊は住民 を守らなかった」とい
う事実と戦争の恐ろしさです。

沖縄の歴史を知れば、なぜ沖縄で多くの人々が米軍基地 に反対しているのかが分かります。
そして沖縄に米軍基地の 70.6%を押し付けている本土の私 たちにとっても、決して他人事ではありません。
今まさに辺野古の海が埋め立てられようとしています。私 たちは次世代の子どもたちに、あの美しい海や
森を残してやれるのでしょうか?

監督:中井信介
________________________________

■日時
2017年10月12日(木)
18時30分/開場 19時/開始
上映後は、監督の中井信介さんを交えたトーク&ディスカッションを行います。
終了予定時刻 20時50分

■上映会告知ブログ
http://videoact.seesaa.net/article/453146510.html

■上映会場
東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)
東京・飯田橋セントラルプラザ10階
東京都新宿区神楽河岸1-1
JR中央線・地下鉄飯田橋駅下車 徒歩1分
(現在、JR飯田橋駅西口は、工事中のため大きく迂回することになります。ご注意ください)

■参加費:500円(介助者は無料・予約不要)

■問合せ:ビデオアクト上映プロジェクト
Eメール:jyouei@videoact.jp
(電話:045-228-7996 [ローポジション気付] )

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について