本文の先頭へ
LNJ Logo ゲバラと共に戦った日系ボリビア人「フレディ前村」の生涯を描いた映画「エルネスト」(10/6 全国公開)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1503886508059ma...
Status: published
View


2017/10/06 ゲバラと共に戦った日系ボリビア人「フレディ前村」の生涯を描いた映画「エルネスト」(10/6 全国公開)

 あのチェ・ゲバラと共に戦って戦死した日系ボリビア人「フレディ前村」の生涯を描いた映画が、10月6日から全国で上映されます。

 キューバ政府の要職を投げすて、ボリビアに革命の根拠地を建設しようとしたチェ・ゲバラに協力したのが、日系ボリビア人のフレディ前村でした。
 ゲバラは彼にコードネームとして本名の「エルネスト」という名前を与えました。
 いかにゲバラが前村を信頼していたかわかります。

 チェ・ゲバラの“意思”を継ぎ、見果てぬ夢を追い求めた男。
 没後50年となる2017年、2人の“エルネスト”が甦る−!

 弱者のために立ち上がったキューバ革命の歴史的英雄であり、また、最後まで理想を追い求め、自らの信念を突き通した生き方、比類なきカリスマ性によって今もなお世界中の人々を魅了してやまぬ男、チェ・ゲバラ。
 1967年10月9日、ボリビア戦線にて39歳の若さで命を落としてから、間もなく半世紀の時が経つ。

 すなわち、今年は“没後50年”のメモリアルイヤーなわけだが、そのボリビア戦線でゲバラと共に行動、志を貫いて殉じていった唯一の日系人が存在した!
 彼の名は、フレディ前村ウルタード―。

「エルネスト ERNESTO」
日本・キューバ合作映画
脚本・監督 坂本順治 × 主演 オダギリジョー
50年の時を経て明かされる真実の物語
10.6(金)「TOHOシネマズ新宿」他全国ロードショー!
オフィシャルサイト:http://www.ernesto.jp/
フェイスブック:https://www.facebook.com/ernesto.freddy/
劇場情報:http://fb2wp.net/ernesto/theaters/

ストーリー:
 1959年7月24日、外務省の中南米課のもとに1本の電話が入る。
 日本を訪問していた“エルネスト”・チェ・ゲバラ(ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ)らが急遽、広島へ向かったという。
 ほとんどの記者が興味を示さずにいたが、唯一地元の中国新聞社・森記者(永山絢斗)だけが取材に同行。
 ゲバラは、原爆ドームや原爆資料館などを訪れ、こう感想を述べるのだった。
 「君たちは、アメリカにこんなひどい目に遭わされて、どうして怒らないんだ」と。

 それから数年後の1962年4月、ひとりの日系人青年がキューバの地に立っていた。
 愛する祖国ボリビアのため、医者になることを決意し、ハバナ大学の医学部を目指してやってきたフレディ前村(オダギリジョー)である。

 20歳の彼は、ハバナ大への入学を前に、最高指導者フィデル・カストロ(ロベルト・エスピノサ)によって創立されたヒロン浜勝利医学校で、医学の予備過程を学ぶこととなる。
 1963年の元旦に憧れのゲバラが学校にやってきて、フレディは個人的に話しかけた。「あなたの絶対的自信はどこから?」。
 ゲバラは答えた。「自信とかではなく怒っているんだ、いつも。怒りは、憎しみとは違う。憎しみから始まる戦いは勝てない」。

 そんな矢先、母国ボリビアで軍事クーデターが起こり、フレディは『革命支援隊』に加わることを決意する。
 ある日、司令官室に呼ばれ、ゲバラから戦地での戦士ネームである、“エルネスト・メディコ”という名を授けられ、ボリビアでの戦いへと向かうのだった……。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について