本文の先頭へ
LNJ Logo 第37回憲法を考える映画の会『戦ふ兵隊』『日本の悲劇』(東京・原宿)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1502422569560st...
Status: published
View


2017/08/27 第37回憲法を考える映画の会『戦ふ兵隊』『日本の悲劇』(東京・原宿)

第37回憲法を考える映画の会『戦ふ兵隊』『日本の悲劇』

なぜ、戦争に行かなければならなかったのか?
戦争に負けた時、人々はそれをどう考えたのだろうか?
二つの映画は、侵略戦争の実相を兵士の目でとらえ、
そのとき、その後、人々が何を考えたかを私たちに伝える。

今年は日中戦争という侵略戦争を始めて80年目の年です。
そうした年に、亀井文夫監督が戦中、戦争直後に作った二つの映画を見て、その時、戦争
を経験した日本人が、何を感じ何を考えたかを考えたいと思います。

『戦ふ兵隊』は、1939年に制作されましたが、内容が厭戦的と問題になり、検閲によって
上映は不許可になり、公開禁止となった「戦意高揚映画」です。

『日本の悲劇』は、戦争直後の1946年の制作。戦争遂行の目的で製作された既存のニュー
スフィルムをモンタージュして、過去の歴史を批判的に叙述した作品です。
GHQの検閲を一旦通過して公開された後、吉田茂首相の圧力により、再検閲の結果、公開
後1週間でフィルムは没収、上映禁止となりました 。
何が問題とされたのでしょうか?

いずれも作品が作られた時代背景、政治・社会情況が大きく違っているため、 現在の価
値基準では判断のできないものもありますが、私たちは当時、そういう社会の空気の中で
、人々はどのようなことを考えたかを想像し、思い返すために、この映画を見たいと考え
ました。
「なぜこんな戦争をやってしまったのだろう」「どうしてこんな戦争を防げなかったのだ
ろう」「誰がこんな戦争をはじめたのだろう」「もう戦争はこりごりだ」
そうした人々の“平和への強い希求の意志”そして戦争そのものへの疑問が、第9条「戦
争の放棄」をもつ日本国憲法への同意となったのではないかと思うからです。
それは私たちが歴史から学ぶ日本人の意志であり疑問です。

「憲法を考える映画の会」では、日本国民は先の戦争をどのようにとらえたのか、とらえ
ることをしなかったのか、それを問い直す映画を探して見て考えます。そうしたことが現
在と未来にどのようにつながり、どのようなものを投げかけているのか、私たち、自分た
ちの問題として問い直そうと考えています。


第37回 憲法を考える映画の会

日時:2017年8月27日(日)
13:30〜16:30
会場:千駄ヶ谷区民会館 集会室
(渋谷区神宮前1-1-10 原宿駅10分)
映画『戦ふ兵隊』(亀井文夫監督/66分/1939年)
映画『日本の悲劇』(亀井文夫監督/42分/1946年)
参加費:一般1000円 学生500円

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について