本文の先頭へ
LNJ Logo 予約 新ちょぼゼミ「オルタナティブな日本をめざして」金子勝(水道橋駅)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1497054405163st...
Status: published
View


2017/07/20 予約 新ちょぼゼミ「オルタナティブな日本をめざして」金子勝(水道橋駅)

新ちょぼゼミシリーズ 「オルタナティブな日本をめざして」金子勝慶應義塾大学教授 講演会

 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
 安倍政権が暴走し始めて久しいですが、いまだにその勢いは止まりそうにありません。最初から首をかしげざるを得なかった安倍政権の経済政策であるアベノミクスも、その弊害
ばかりが拡大するだけで、目標としていた課題の実現も程遠く、ほぼ失敗に終わったことが明らかになってきました。そうした中、まもなく衆議院選挙と最高裁判事の国民審判(
定例)が予定され、更に加えて安倍政権では、それと同時並行して日本国憲法改悪の国民投票の実施を狙っているようです。

 こうした動きにストップをかけ、私たちの手に立憲主義・民主主義・平和や福祉優先の国政を取り戻す形で、日本の政治は転換できないものでしょうか。このたび「オルタナティ
ブな日本を目指して」というプロジェクトを立ち上げ、この政権交代問題について、政策論的アプローチを中心に置きながら幅広く考え行動していく運動をスタートさせることに
いたました。みなさまのご関心、ご参加、ご支援、ご支持を期待申し上げます。

 今回は、その第1回目の企画として、アベノミクスにお詳しい金子勝慶應義塾大学教授に「オルタナティブ日本(もう一つの日本)の経済政策」(ポスト・アベノミクス)」とい
うテーマでお話をいただくことにいたしました。私は、日本はまだまだ大きな潜在力を持った国だと思っていて、アベ政権・自民党政治ではない政権・政治が、どのような経済政
策を展開していけば、その潜在力が発露され発展していくのか、金子先生のお話からぜひヒントを得たいと願っております。当日は、質疑応答の時間や、このプロジェクトについ
ての簡単な説明と意見交換などの時間も用意しておりますので、この機会にぜひご参加いただければ幸いです。

 なお、当日は「予約優先」とさせていただきました。ご参加ご希望の方は、下記をご覧いただき、たんぽぽ舎さまの方へ電話かメールにてご連絡ください。予約金等は不要です(
詳しくは、下記または別添PDFファイルをご覧ください)。また、別添WORDファイルの「参加表」はメーリングリスト(ML)への参加ご希望の方をはじめ、ご感想やご意見のある方は講演会終了時にご提出ください。

================================
新ちょぼゼミシリーズ「オルタナティブな日本を目指して」第1回
(ちょぼちょぼ市民によるちょぼちょぼ市民のためのゼミナール)

講 師:金子勝 慶應義塾大学経済学部教授     
演 題:オルタナティブ日本(もう一つの日本)の経済政策(ポスト・アベノミクス)

金子先生プロフィール
専門は制度経済学、財政学、地方財政学
近 著:原発は火力より高い、儲かる農業論、
    資本主義の克服(共有論で社会を変える)
    日本病:長期衰退論のダイナミズム
注目 ⇒ ポスト・アベノミクスの経済学:転換期における異議申し立て
    https://honto.jp/netstore/pd-book_28512912.html

 安倍政権の暴走が止まりません。原発再稼働や戦争法制や共謀罪など具体例を挙げればきりがないほどに、してはいけない政策や法律などを数多の批判をよそに次々と強引に推し
進めています。また、鳴り物入りで始まったアベノミクスも、今やその失敗が明らかとなってきています。日本が日々刻々とおかしくなっていく実感が恐ろしいほどです。「諸悪
の根源」となってしまった日本の政治を本来のあるべき姿に変えるにはどうすればいいか、今回は、このシリーズの第1回目として、経済政策の側面から考えてみたいと思います
。アベノミクスに詳しい金子勝慶應義塾大学教授に、今の政策ではない「もう一つの経済政策」はありうるのか、それはどういうものか、日本の未来を展望しながらのお話をして
いただき、みなさまとともに考えたいと思います。18時から田中一郎さんの新シリーズの主旨説明、19時から金子先生の講演、の予定です。

日 時:7月20日(木)18時〜21時(開場17時30分) 予約優先 
会 場:スペースたんぽぽ 参加費(資料代含む):800円(学生400円)
たんぽぽ舎のあるダイナミックビルの4階 JR水道橋駅西口から5分 
東京都千代田区三崎町2-6-2 tel 03-3238-9035 fax 03-3238-0797 予約は電話かメール
Email: nonukes@tanpoposya.net URL: http://www.tanpoposya.com/

************************

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について