本文の先頭へ
LNJ Logo 第88回日比谷メーデー(日比谷野外音楽堂)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1491801289574ma...
Status: published
View


2017/05/01 第88回日比谷メーデー(日比谷野外音楽堂)

第88回日比谷メーデー

働く者の団結で生活と権利、平和と民主主義を守ろう
★労働法制の改悪反対!一日8時間労働制の破壊を許さない!
★福島を忘れない!原発の再稼働糾弾!辺野古新基地建設阻止!
★戦争法廃止!許すな共謀罪!憲法改悪を許さない!

日比谷メーデーを成功させよう

日時:5月1日(月)開会9:50 開場9:05 デモ11:15
会場:日比谷野外音楽堂
主催:第88回日比谷メーデー実行委員会

第88回日比谷メーデーへの呼びかけ文
 すべての働く仲間のみなさん!
 安倍政権は、「アベノミクス」の破綻を覆い隠すかのように『官製春闘』を主導し、財界に「ベア」を求め「経済成長」を演出しようとしています。
 しかし、実質賃金は5年連続で減少し、労働者・市民の生活は物価上昇に迫いつくものではなく、中小零細企業の労働者・非正規雇用労働者はますます厳しい生活に追い込まれ、貧困と格差が拡大しています。
 また、「国家戦略特区」、新自由主義推進、集団的自衛権の行使を可能とした戦争法の制定、辺野古新基地建設、原発再稼働などの反動政策を一気に加速させ、共謀罪新設、憲法改悪を行おうとしています。
 労働者派遣法を改悪し、今国会では時間外労働の上限規制を謳いながら、一方で「高度プロフェッショナル制」=「残業代ゼロ制」など「働き方改革」の名の下に、メーデーの起源でもあり闘いによって勝ち取られてきた8時間労働制の破壊、解雇自由の金銭解雇法などの労働法制全面改悪を強行しようとしています。

 こうした安倍政権の暴走を止める春闘の只中で今年のメーデーは開催されます。
 私たちは、春闘を「総労働と総資本の闘いの場」として再生し、賃上げはもとより、労働者の権利破壊、企業の不法・脱法行為、貧困・格差の拡大と対決し、非正規労働者の均等待遇・権利拡大を目指して、ストライキを武器にした大衆闘争で闘っていきます。

 行き過ぎたグローバル資本主義は限界に達し、十分な需要がない中で市場は拡張せず、グローバル経済の見直し、既存の政治システムへの不信は、米国でトランプ政権を誕生させました。
 トランプ政権が、その原因を移民にすり替え、差別排外主義を台頭させていることを警戒し、全世界で、分断に抗する労働者民衆の団結と連帯が問われています。

 私たちは、このような中で、自己責任、自助努力を強制する企業利益優先の社会に反対し、民族排外主義と差別を煽る勢力の拡大と動きに反対し、国際連帯で闘っていきます。
 また、未組織労働者・非正規労働者・外国人労働者の低賃金と労働条件の改善、労働者の生活と権利を守る闘いを行っていきます。

 私たちは同時に、戦争法制定反対に立ち上がった多くの人々と連帯し、今こそ、震災復興、脱原発、集団的自衛権行使阻止、辺野古新基地建設反対、戦争法廃止、共謀罪阻止、憲法改悪反対、平和と民主主義擁護を掲げ、全ての労働者市民、そして戦争に反対する全世界の人々と手をつなぎ、共に闘っていきましょう。
 そして、すべての闘いに労働者・民衆が連帯し、闘いの中で勝利を勝ち取り、安倍政権を打倒しましょう。

 私たちは、メーデーを『闘いの広場』として位置付け、今日の状況、昨年までの経過を踏まえる中で、統一メーデーの実現を求める立場を改めて確認し、メーデーの歴史と伝統を掲げ、すべての働く仲間に対し、5月1日に開催する第88回日比谷メーデーへの参加を呼びかけます。

参照:http://kokuro.la.coocan.jp/posts/activity15.html

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について