本文の先頭へ
LNJ Logo 茨城反貧困メーデーinつくば セーフティネットはチャリティーじゃない
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1491700126568st...
Status: published
View


2017/04/30 茨城反貧困メーデーinつくば セーフティネットはチャリティーじゃない

茨城反貧困メーデーinつくば セーフティネットはチャリティーじゃない

4月30日(日) 集会:14時から16時半 / デモ:17時から
◆集会 つくばカピオ 中会議室(つくば市竹園1ー10ー1 TX線つくば駅徒歩8分)
・参加費 500円(困窮者無料)
・お話 浅井 和幸さん(特定非営利活動法人 若年者社会参加支援普及協会 アストリン
ク)
    森 美智子さん(特定非営利活動法人 居場所サポートクラブ ロベ)

◆デモ 集会場近辺からつくば駅方面

主催 茨城反貧困メーデー実行委員会
電話 090-8441-1457(加藤)
メール ibarakiantipoverty@yahoo.co.jp
ブログ http://ibarakiantipoverty.hatenablog.com/
ツイッター https://twitter.com/ibaraki_mayday


セーフティネットついて考えるメーデーやりマス。

働いても報われず使い捨てが当たり前、社会保障制度は極めて貧弱な上に切り下げられ、
利用者は社会的ないじめにあっている状態です。公的な社会保障=セーフティネットが、
機能不全である以上、民間でセーフティネットがはられているのは必然でしょう。けれど
も、それを「善意の奉仕」の 枠に入れることは私たちを使い捨てる企業やそれを容認し
ている政府と社会を免責することになります。
今回は民間のセーフティネットとして「ひきこもり」「ニート」等の支援の現場から、ま
た「子どもの学習支援」という子どもの貧困を支援する現場からそれぞれ支援者をお招き
してお話いただきセーフティネットについて、私たちの働き方や社会のあり方について考
えてみたいと思います。

働いている人も働いていない人も、大人も子どもも、障がいのある人も生活保護を利用し
ている人もetc…。
ふるってご参加ください。集会のあとはデモもありマス。声をあげないといないことにさ
れてしまう社会に対して私たちの姿を見せてやりましょう。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について