本文の先頭へ
LNJ Logo トランプで世界はどう変わるか(社会主義理論学会第28回研究集会)/田町駅 
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1490559341691st...
Status: published
View


2017/04/29 トランプで世界はどう変わるか(社会主義理論学会第28回研究集会)/田町駅 

社会主義理論学会第28回研究集会「トランプで世界はどう変わるか」  

統一テーマ:トランプで世界はどう変わるか 

討論者:岩田昌征(千葉大学名誉教授)・大西広(慶應義塾大学教授)・瀬戸岡紘(駒澤
大学名誉教授)・村岡到(日本針路研究所)  

日時:2017年4月29日(土、休日) 午後2時〜5時

会場:慶應義塾大学三田校舎第一校舎103教室 
    田町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩8分
    三田駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄三田線)徒歩7分
    赤羽橋駅(都営地下鉄大江戸線)徒歩8分
    地図 https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

資料代:500円(会員は無料)

主催:社会主義理論学会
   http://sost.que.jp/

※会員でない方も、研究者でない方も自由にご参加できますので、ご関心のあります方は
ぜひご参加ください。

※なお社会主義理論学会では、学会や会員の成果等をまとめた刊行物を出してきましたが
、最新刊として、下記の論文集『マルクスと21世紀社会』が「本の泉社」より本年2月
に出版されました。
http://sost.que.jp/myweb_019.htm

※なお社会主義理論学会では、学会や会員の成果等をまとめた刊行物を出してきましたが、最新刊として
下記の論文集『マルクスと21世紀社会』が「本の泉社」より本年2月に出版されました。
http://sost.que.jp/myweb_019.htm

『マルクスと21世紀社会』目次 

はじめに(西川伸一)
第一部 マルクスと現代資本主義 
 第一章 『資本論』の株式会社論―― 社会的所有への過渡といえるか ――(鎌倉孝夫)
 第二章 非物質的代謝による生産=情報財の生産について―― マルクスを現代に、現代を社会主義につなぐ一助に ――(平松民平)
 第三章 マルクス主義と民族理論・民族政策(紅林 進)
 第四章 「成熟社会論」に関する諸論点(大西 広)
 第五章 子どもが安心してインターネットを使える社会としての民権型社会主義―― インターネット上の少女タレント・春名風花とその周辺の観察から ――(平岡 厚)
 第六章 原子力発電が内包する不経済と不道徳(森本高央) 
第二部 現実社会主義の諸問題 
 第七章 経済システムのトリアーデと社会主義(岩田昌征)
 第八章 ネップ(NEP)、ノップ(NOP)―― 中国のマルクス主義学者・余斌氏の講演を聞いて ――(聽濤 弘)
 第九章 中国経済と国有企業試論―― 社会主義理論研究の観点から ――(瀬戸 宏)
 第十章 現実社会主義をめぐる対話(田上孝一)
おわりに(田上孝一)
入会の呼びかけ・会則・論文集既刊・研究会の歩み(2012年7月〜2016年10月)

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について