本文の先頭へ
LNJ Logo 夜の部は初旬までに予約 韓国映画上映会「コインロッカーの女」「四谷三丁目」駅
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1483545210700yl...
Status: published
View


2017/05/26 夜の部は初旬までに予約 韓国映画上映会「コインロッカーの女」「四谷三丁目」駅

韓国映画上映会≪韓国映画の次世代を担う若手俳優 作品特集≫
(上映作品はすべて日本語字幕付き)

  昼の部 : 14:30開場 15:00開映(入場無料、事前申込不要。当日先着300名)
  夜の部 : 18:30開場 19:00開映(入場無料、事前申込制。募集人員:300名)
■ 会場 : 韓国文化院 ハンマダンホール(東京都新宿区四谷4-4-10 TEL 03-3357-5970)
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 1,2番出口より新宿方面徒歩3分東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 1,2番出口より新宿方面徒歩3分
■ 観覧要領 
★ 夜の部(19時開始)は事前のお申込みが必要となります。(全席自由席)
◇ 観覧を希望される方はホームページの応募欄からお申し込み下さい。
*イベントにご応募いただくには会員登録が必要です。
http://www.koreanculture.jp/member_agree.php
◇ 募集人員:各回300名様(お申し込みはお一人様2名まで)
◇ 申込締切:各回1〜2か月前から観覧の募集を開始し、上映日の1〜2週間前に締め切ります。(詳細は韓国文化院ホームページ参照)
◇ お申し込みが定員を超えた場合は抽選とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。(当選された方へのみ上映日の1週間前までに当選の確認メールをお送りします。)

★ 昼の部(15時開始)は事前のお申込みは不要で当日先着300名まで観覧可能です。(全席自由席)
◇ 受付は14:30からとなりますので開場時間に合わせてご来場ください。整理券などの配布は予定しておりませんので、あらかじめご了承ください。(満席の際にはご入場をお断りする場合があります。)

☆ イベントの詳細及び観覧お申込みの情報は韓国文化院ホームページにて随時ご案内します。http://www.koreanculture.jp/index.php

☆ 都合により、上映作品、スケジュールなど変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。(変更の場合は韓国文化院ホームページでご案内します。)

5月26日(金)

コインロッカーの女 
監督:ハン・ジュニ
主演:キム・ゴウン、キム・ヘス
2015年(111分)
地下鉄のコインロッカー10番に、臍の緒がついたまま捨てられていた赤ん坊。イリョン(10の意)と名付けられたその子は、仁川のチャイナタウンを支配し、裏稼業の人間たちから「母さん」と呼ばれる女に育てられる。成長したイリョンは、母さんが営む闇貸金業の一員となり、感情を表に出さず毎日を過ごしていた。そんな中、イリョンは父親が残した多額の借金を抱える青年ソッキョンの元へ取り立てに行くが、不幸な生い立ちでもめげない彼に次第に惹かれていく。しかし母さんは、返済の目処がつかなくなったソッキョンの臓器を密売するため、イリョンに彼の殺害を命じるが…。



キム・ゴウン

1991年生まれ。韓国芸術総合学校演劇院卒業。デビュー作『ウンギョ』(2012年)で露出シーンのある主人公を演じ、衝撃的なデビューを飾り一躍注目を集める。本作で大鐘賞新人女優賞をはじめ数々の新人賞を受賞するなど役者として知名度を上げる。その後、『その怪物』(2014年)、『コインロッカーの女』(2015年)などでの演技力を高く評価される。主演最新作『ケチュンばあちゃん』(2016年)は、昨年の第29回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で上映され好評を得るなど、個性的な魅力を持つ演技派女優として今後が期待される韓国No.1若手女優。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について